須賀川死闘編(後編)

前編はこちら

くまたぱん本舗

droppedImage

  • 住所:須賀川市東町53−5
  • 電話番号:0248-73-2941
  • 営業時間:7:30~19:00
  • 定休日:毎週火曜日

みんな大好き「ぞうりぱん」!福島県民なら、皆一度は食べたことがあるんじゃないでしょうか。

droppedImage_1

この無駄に甘い食べ物が大好きな部員でしたが、さすがにクリームボックスをたらふく食べた直後では体が受け付けない模様。持ち帰りすることにしました。

ところで店の外の看板に、「くまたぱん」と「くまだぱん」と2種類の表記があることに気づいた私たち。白黒ハッキリさせないと気が済まない私は、さっそく店員さんを直撃しました!

droppedImage_12
あの〜、「くまた」と「くまだ」、どちらの表記が正しいんですか?

droppedImage_3
あ〜、どっちだっていいんだヨ!うちの苗字なんだぁ。

はて…?白黒つかず。残念!

持ち帰って食べた部員。美味しい美味しい言って食べていました。
ちなみに私はそれほど和菓子やあんこが好きではないので、まだ食べてません。

部員の満足度: ★★★★★

droppedImage_4

おまけ:色んな賞を受賞しているくまたぱん。すごい!


気を取り直して、5店目はこちら。くまたぱんの目と鼻の先にあります。

玉木屋 中町店

droppedImage_5

  • 住所:須賀川市中町17-1
  • 電話番号:0248-75-3221
  • 営業時間:8:00~18:30
  • 定休日:毎週日曜日

droppedImage_6

「ウルトラマンパン」で有名なコチラのお店。残念ながら、ウルトラマンパンは売り切れでした。たまに大量買いしていく人がいるそうで、あるときはあるそうですが、無いときは全く無いそうです。

クリームボックスは最後の一つを無事ゲット! こちらのクリームボックスも、カギセイと同じようにアーモンドスライスが乗っています。

droppedImage_7
へー。須賀川のクリームボックスって、アーモンドスライスが乗っているんですね!郡山では見たことがないです。

droppedImage_8
そうなんです。うちの店は、昔はピスタチオとかパイナップルを乗せていたこともあるんですよ。

パイナップル!?合うのかな?

droppedImage_9

家に持ち帰って食べてみたところ、…うーん。

クリームは「盛り」というよりも、「塗り」という感じで、とーっても薄く乗っています。バタートーストのミルク版のような印象です。ほんのりとした甘みのある、素朴なパンでした。

満足度: ★☆

droppedImage_10

併せて購入したドラえもんパン(クリーム入り)
クリームボックスとドラえもんパン、他にもう1つのパンを購入して、250円でした。安い!!


最後の店はこちら。ふ〜っ!ここでラストです!

パン工房 ふるかわ

droppedImage_11

  • 住所:須賀川市桜岡3
  • 電話番号: 0248-73-2276
  • 営業時間:10:00~19:00
  • 定休日:毎週日曜日、祝日

「そぼろパン」で有名なこちらの店。

droppedImage_12

以前、関根さんという方が作られていて、須賀川市民に愛されていたというそぼろパン。引退され食べられなくなっていたそうですが、「パン工房ふるかわ」の店主が関根さんから直伝してもらって復刻させたそうです。

とても香ばしい、優しい味のするパンで、部長・部員ともに大変気に入りました。

さて、肝心のクリームボックスですが…

droppedImage_13

8枚切りの食パンにそのままクリームを乗せたようなビジュアルに、軽くショックを受けました。ううむ、8枚切りってやっぱり薄いです。これは部活史上最薄かも!

droppedImage_14
このクリームボックス、薄くて大きいですね。

droppedImage_17
はい、うちは型がなかったので、通常の食パンでやっているんですよ。

droppedImage_16
そうですか。クリームボックスは以前からやっているんですか?

droppedImage_17
ここ数年ですかねえ。須賀川市民には、クリームボックスよりも、フルーツパンの方が馴染みがあるパンなんです。今日は売り切れていますが、市内の色んな店で売っていて美味しいんですよ♪

なるほどー。郡山市にクリームボックスが、会津若松市にバターパンがあるように、各地域にご当地パンってあるんですね。

そして私たちがクリームボックスに誇りを持っているのと同じように、須賀川の人たちもフルーツパンが大好きみたいです。こういう地域性ってお互い大事にしていきたいですね〜、としみじみ思った我々でした。

パン工房ふるかわのクリームボックスは、実際食べてみるとやっぱり薄く、これまたクリームを塗ったトーストといった感じでした。クリームボックスにパンチを求める私としては、若干の肩透かしです。そぼろパンは美味しかったんだけどなあ。

満足度: ★☆


droppedImage_18

というわけで、須賀川死闘篇はこれまで。郡山でロミオが30年前に始めたパンが、須賀川市でもこれだけ広がっていたんだなあ、と思うと面白かったです。

頑張れ、須賀川のクリームボックス!

広告